O2O

オムニチャネル

  • オムニチャネルは、オフライン・オンラインを問わず、あらゆる場所で顧客と接触し、購買活動につなげるマーケティング活動全般のこと。
  • 顧客がどこで購入をしたかを意識する必要の無い仕組作りが必要となる。
  • オムニチャネルはO2Oと混同されやすいが定義は異なる。O2Oは、ネットから実店舗へ送客を行うまでを指し、オムニチャネルの一部にあたる。

O2O

  • O2O(Online to Offline)は、商取引において、オンライン(EC)とオフライン(実店舗の購買)の購買活動を、シームレスに連携させること。
  • 具体的には、オンライン上でプロモーション(クーポンリワード、ポイントプログラム等)を行い、オンラインで獲得した見込み客に、実店舗(オフライン)へ実際に足を運んでもらう事を指す。
  • ソーシャルメディアを利用してのマーケティングが一般化し、顧客一人ひとりとの関係性を重視するようになったことで、O2Oの仕組に注目が集めるようになった。