【O2O】来店チェックインはDocomo対楽天という構図になっていくんだろうか?

昨日(2014年3月4日)に2つのニュースが発表されました。
どちらも来店チェックインを実装する仕組みで、同じ日に情報をオープンしたのはたまたまなのかな?

 

共通来店ポイントアプリ「楽天チェック(仮)」4月2日サービス開始
(スマポ – 楽天)
音波を使ったチェックインソリューション「Air Stamp」の提供開始
(ショッぷらっと – ドコモ)

楽天チェック(仮)

楽天チェックは、2013年10月に買収した株式会社スポットライトさんの『スマポ』をベースに、スマポとは別のアプリになるんでしょうかね?
大きな特徴としては2点。

  • 9000万人の楽天会員にリーチ
  • 楽天ポイントと交換

こういった仕組みが出来ても、「どこから」集客するのかが一番の課題になるところだけど、楽天会員が使ってくれればだいぶ前進しますよね。リアル店舗を持つ楽天店舗が使えば、ECの購入履歴との紐付けで、ターゲティングして、PUSHして、来店させて、リワード!という流れも見えてくるし、夢が広がりますなー。
楽天ポイントの方はどうでしょうね。スマポに参加しているビックカメラさんとしては、ビックカメラへ集客したユーザーへ還元したポイントはビックカメラポイントへ交換して欲しいわけですし。それを考えたら、スマポとは独立して運営した方が良いのかな。

Air Stamp(ドコモ)

NTTドコモさんの『ショッぷらっと』でベースとなっている仕組みですね。

「Air Stamp」はドコモのO2Oサービス「ショッぷらっと®」で培った音波技術によるチェックイン機能をオープン化し、モバイルサービス提供事業者様向けにソリューションとして提供するものです。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2014/03/04_00.html

チェックインの仕組み自体は、いろんなSIさんでローンチされて導入も進んでいるし、企業ブランドアプリ向けをターゲットにして、同じターゲティングなのかな。
ただ、こういう仕組みって、個別の企業単体でアプリに突っ込んでも、消費者にこの仕組を使ってもらう前に、アプリへの集客が問題になるかなーと。
個人的には、NTTドコモさんには、店舗に設置するデバイスを配ってもらって、色んなITメディアが相乗りして設置デバイスに接続出来るようなエコシステムを作ってくれると楽しいなと思う。店舗への集客は、ぐるなびさんや食べログさんやチケットプレイガイドやら、色んな企業が抑えたい分野ですし。

そういえば

そういえば、アプリックスさんのビーコンモジュール、10,000円からお試しできるみたいだし。だれかチャレンジしてみないかなー?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る