ブログサービスの選び方(2012年)

最近感じている、ブログサービスの選び方で注意して欲しい点をまとめてみました。
特に、2012年に世の中の傾向が大きく変わったな、重要だなと感じるポイント3点に絞ってます。

機能の数で選ばない

特にはじめての方に陥りがちなんですが、機能の数が多いものを選ぶ方がいます。
これはオススメできないんです。

というのも、ブログを長く続けている方の傾向を調べると、得てしてシンプルさを選んでいる傾向があります。この理由は単純で、ブログに搭載されている約9割の機能は使わないから(使っても年に数回)。ほとんどは、「記事投稿機能」しか使わないんじゃないでしょうか。
それに、その後のTwitterの登場で、あのシンプルな快適さに気付かされた人も多いと思います。

なので、ブログを選ぶ際は、機能の量には惑わされず、記事を一番気持ちよ~く書くことのできるものを選ぶ事を心がけるといいと思います。

ドメインを1種類しか選べないブログサービスは避ける

ブログサービスで使えるドメインのチェックは重要なポイントです。選び方を間違えると大きなリスクを抱えることになります。

というのも、2012年に入って、検索エンジンのGoogle様がサイトの評価方針を「量から質へ」大きく舵を取り、質の悪いサイトへはペナルティーをあからさまに与えるようになりました。これによりどういう状況が起きるかというと、質の悪いサイトを持つドメイン全体の評価が下がり、ブログのPVが下がる。それに、とあるセキュリティーソフトにいたっては、同じドメインの中に悪質なサイトが含まれていたりすると、ドメイン全体をブロックする措置を取ったりするのです。これは怖いですよね。
そんな状況に巻き込まれないためにも、複数のドメインから選べるブログサービスを選んでリスクを下げることが、2012年からは重要なのです。

自前サーバー+Wordpressは選ばない

ちょっと別の話からします。昔のはなしですが、ブログサービスが流行り始めた頃のインフラ技術では、サーバーは複数台を並列に用意して、それぞれに別々のユーザーを管理する手法が一般的でした。この手法のデメリットは、「たくさんの弱いサーバーでちょっとづつブログを管理」という方法のために、同じサーバーにいる他のブログが何らかの高負荷をかけた場合に、”簡単に”サーバーが落ちていました。

しかし、現在のインフラ技術では上記の様な手法を取ることは少なく、「大きく強いサーバーに全てのブログ」を入れる手法が一般的です。そのため、他の誰かが高負荷をかけたとしてもちょっとの事で影響を受けるということは少なくなっています。

では、ここから。
自前サーバーはどうかという点ですが、こんな感じです。

  • すでにインフラ安定性は自前サーバーよりブログサービスの方が安定している(前述)
  • 自前サーバーはコストがかかる(当たり前w)
  • 自前サーバーのコストは、ブログの成長とともに大きくなる
  • インフラの管理は自分でヤラなきゃいけない
  • WordPressのバグを自分で管理しなきゃいけない

色々挙げだしましたが、本当に運営が大変です。
個人的な見解では、もうすでに、自前サーバーでブログを運営するメリットは薄れていると思います。(Wordpressをカスタマイズしてプログラミングの勉強をしたいと思っている人は別ですけど。)

まとめ

偉そうな事を書きましたが、まぁ、軽くて、シンプル。これが一番です。色々試して自分にあったものを選んでください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る