見ているウェブサイトをスマホとリアルタイム同期する – Adobe Shadow


Adobe ShadowをPC、Mac、iOS、Android のそれぞれの端末でAndroid Shadow をインストールしてちょこちょこーっと設定しておけば、見ているウェブサイトをリアルタイムで同期して表示してくれる。PCでWebサイトをリロードすると、iPhoneやiPadでも同時にリロードしてくれるってことです。ということは、レスポンシブデザインなサイト制作をするときには、確認に便利ってことなんだな。

インストールと使い方

(1)いろいろとダウンロードするのだ

Adobe Labs Downloads

(2)Mac or PC でAdobe Shadow を起動しておく

アプリケーションをインストールして起動すると、謎の黒いウィンドウが開く。ここは無視しよう

(3)Google Chrome にエクステンションを入れる

とりあえず、エクステンションをインストール。

そして、起動。するとIPが表示される。これを死ぬ気で暗記しよう。

(4)iOS、Androidと動機する。

iOSの場合で説明すると、 まずは、iOSでAdobe Shadowアプリを起動して、Chrome で確認したIPを入力する。

Mac(or PC)が認識されているのでそれを選択すると、6桁のコードが表示されるので、これも死に物狂いで覚える。

覚えたコードを忘れないうちに、Chromeのエクステンションに入力する。

(5)うまく動いているか確認する

ここまでできたら、設定は完了。 Google Chrome 上でウェブサイトを閲覧してみて、iOS上の表示が切り替わればOK。リロード。リロード。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る